TOP > ジョイ・ディヴィジョンの映画、国内でも5部門を受賞
 ← ショコラティエ | TOP | げんかせんと

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ジョイ・ディヴィジョンの映画、国内でも5部門を受賞 

2007年12月10日 ()
当時のホリデーカードなどの絵柄をもとにつくられたこの作品『Train Gang』
カンヌ映画祭をはじめ、世界各国のフィルム・フェスティヴァルで高い評価を得た元ジョイ・ディヴィジョンのシンガー、イアン・カーティスの自伝映画『Control』が、英国のインデペンデント映画を称える<The British Independent Film Awards>で最多の5部門を受賞した。

同作は、最優秀作品に選ばれたほか、監督のアントン・コービンが最優秀監督賞と最優監督デビュー賞(The Douglas Hickox Award)、カーティスを演じたサム・ライリーが最優秀新人、ジョイ・ディヴィジョンのマネージャーでファクトリー・レコーズの共同経営者だったロブ・グレットンを演じたトニー・ケブルが最優秀サポート・アクトを受賞した。
最新映画情報は・・・映画ランキング
この役に抜擢されるまで倉庫で働いていたというライリーにとって、最高の銀幕デビューとなった。

また音楽関連としては、ジュリアン・テンプルが監督した故ジョー・ストラマーのドキュメンタリー・フィルム『Joe Strummer: The Future Is Unwitten』が最優秀ドキュメンタリーに輝いている。

英国は毎年、優れたインデペンデント映画を輩出しているが、同アワーズではこれまで、アカデミー賞にもノミネートされた『The Constant Gardener(ナイロビの蜂)』『Vera Drake(ヴェラ・ドレイク)』『Billy Elliot(リトル・ダンサー)』などが最優秀作品に選ばれている。

『Control』は、300万ポンド(約6億円)という(長編映画にしては)低予算で作られた。

Ako Suzuki, London


● Joy Division - アーティスト情報や写真


(引用 livedoorニュース)


ふたつの乗り方で楽しめる!【送料無料】RADIO FLYER(ラジオフライヤー)#440 TWIST TRIKE ...


◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
実録!本部当番

ヤクザの事務所の内部ってどうなってるの?


どんな人がいるの?

どんな物があるの?

何が行われている?

映画では映し出されない、日常の暴力団事務所の様子を暴露します。

でも意外と小奇麗なのですよ(笑…

【あなたのSNSが見つかる!日本のSNS500個大図鑑!足跡ツール付!】

私は様々なSNSを色々なものに生かせないかを研究

しています。SNSをビジネスに生かし、月70万を稼ぐ

までに至りました。


そして、わたしはmixiを初めとするSNSを研究している時に

色々なSNSを知りたい!…

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.12.10(Mon) 04:25] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ショコラティエ | TOP | げんかせんと

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog001099.blog104.fc2.com/tb.php/1850-72342232
 ← ショコラティエ | TOP | げんかせんと

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。